私たち​のビジョン

次世代の為に心と気を配れる変革者になる。​
私たちのミッション

子供の世界をひとつひとつのポジティブな関わり合いで変える。​それは自身との関わり合い、周りの人達との関わり合い、世界との関わり合い。​

1/21

お問い合わせ

 

知心気人の道(Feelosopher's Path)は小学校3年生から中学校3年生を対象にしたエンリッチメントプログラムです。知心気人の道は学習面でも生活面でも「成功している」と感じられるように子供達を育成します。子供達はアクティビティーを通して、より高い感情知能を身につけ、学習スキルを伸ばし、必要なライフスキルを学びます。知心気人の道を通して、子供達は自分自身とも周りの人ともポジティブに関わり合いが持てる能力を身につける事ができます。

Circle of Feelosophers

知心気人の輪という感情知能教育の時間を通して、子供達は自分自身と周りの人とポジティブな関わり合いが持てるようになります。この時間は安心して子供達が自分の気持ちや意見などを共有できる時間です。知心気人の輪の中では、様々な年齢層の子供達が一緒になり、兄弟のような関係を築きながら、お互いをサポートします。自分の気持ちや意見だけではなく、人の気持ちや意見を尊重し応援できる人を育てる事が目的です。

Stepping Stones

子供達はそれぞれ学び方が違います。この時間はそれぞれの学び方に合った学習方法が発見できるように子供達をサポートします。学校の宿題をしながら、ステッピングストーンのカリキュラムを通し、整理整頓、時間の使い方、発言の仕方、アクティブ学習が学べます。このカリキュラムを通し子供達はどんな難しい課題にも迎える能力を身につける事ができます





Wisdom of Feelosophers

子供達は知心気人の知恵ノートを使い、自分の日常生活や思いや考えを振り返ります。1年を通して、このノートに沢山の思いを書いたり、描いたりして「振り返り」を行います。1年後には、そのノートは子供達の成長記録で一杯になります。そして、子供達は自分達の成長を喜ぶ事ができる知恵ノートになっています。

こう思った事ある?
「もっと世の中に貢献したい!」
「周りからリーダーって呼ばれるけど、他の役割もしてみたい。」
「誰も話せる相手がいない。」
「自分の話をするの大好き。」
「学校に友達がいないよ。」
「僕の事をわかってくれない」
「親友を傷つけたけど、どうしたらいいのかわからない。」
「人と関わるのが大好き。この長所をもっと伸ばしたい!」

"知心気人って何?"
知心気人は自分だけでなく、周りの人の気持ちも理解し、お互いの似ている所や違いを楽しめる人です。

つまり、自分自身とも周りの人ともポジティブに関わり合いを持てる人です。知心気人は「成功する」事よりも

「成功を感じる」事に焦点を置いている人です。

知心気人は自分の可能性にワクワクし、

人生の目的を見つけ、

未知の領域を仲間と冒険する人です。

知心気人はこんな人
あいさつをする
困っている人がいたら、サポートする
周りの人に気を配る
何をすると幸せになるかを知っている
人間関係を大切にする
新しい食べ物を食べる
いつも何かにチャレンジしている
自分の才能を自慢できる
コミュニティーのポジティブな一員
意見や文化の違いを楽しむ
世界中に友達を作る
旅をして沢山の冒険話がある

こう思った事ある?

「クイズに向けて勉強したけど、あんまり良い点じゃなかった。何が悪かったんだろう。」
「凄い勉強法を発見した!皆に教えたい。」
「宿題がいっぱいある。何から始めたらいいんだろう?」
「学校休んだ。どうしたら追いつけるかな。」
「やった宿題が見つからない(涙)どうしたら整理できるの?」
「また忘れもの。どうしたらいいんだろう」

1年を通して、子供達は
− スタッフと交換日記をする。
− 学期事にゴールを決める。
− やりたい事を見つける。
− 学期末に振り返る。
− 自慢できる物を記録していく。
− どう変わりたいかを理解して

        行動する。
− 親の前で知恵ノートを使用し、

    「振り返り」を発表する。
− 色々な形で成功をお祝いする。
− 自分の成長を発表する面談を行う。
− 月1度の父兄会に参加。 

In The News

FP AfterSchool starts October 4th, 2016
 
FP Adventure Program opens in U.S.
Scholarships now available for FP AfterSchool.  
 Contact us to find out more!

© Copyright 2012 Hiroshi Imase and Erin Leydig All Rights Reserved

© Copyright 2012 Hiroshi Imase and Erin Leydig All Rights Reserved